MONO GEEK

カメラやスマホなどなどガジェット大好きブログです。

1万円で買えるスマホ用ジンバル Hohem iSteady Mobile Plusの紹介

どーもどーも。お久しぶりです。

 

今日は久しぶりにスマホ用ジンバルの紹介をしたいと思います。

 

amazonスマホ用ジンバルを探したことがあるひとならば、一度は目にしたと思われる、Hohem iSteady Mobile Plus

なんと1万円で買えるという驚異のジンバルなのです。

 

 スペック・外観

f:id:kinghiphop:20190705170659j:plain

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0232/8182/7918/products/1.mobile.jpg?v=1557826264

・ジンバル本体の重量 495g

 

ペイロード(積載可能重量)280g

・取り付け可能スマホ幅 55〜89mm

ちなみに比較的大きめなiPhone XS Maxで重量208g・幅77.4mm

となっていますので大抵のスマホは取り付けできると思います。

 

・動作時間 10時間

・充電時間 3.5時間

10時間も持てば十分ですが、microUSB端子で充電できるので、

モバイルバッテリーが使えるのもありがたいですね。

・前面

f:id:kinghiphop:20190705152100j:plain

前面の操作部はこんな感じです。

角度を操作するスティックや撮影を開始/停止するボタン

ズームイン・ズームアウトを操作するレバー

4種のフォローモードへ変更するボタンがあります。

・背面

f:id:kinghiphop:20190705152107j:plain

背面にはトリガーボタンがあります。

押している間は素早く動作するスポーツモードになります。

ダブルタップでスマホを正面に戻すことができます。

・横面

f:id:kinghiphop:20190705152112j:plain

横面にはマイクやライトを取り付けるのに便利な1/4ネジがあります。

またカバーを開けるとmicroUSB端子とUSB端子があり、ジンバルの充電とジンバルからスマホの充電をすることができます。

反対面には充電インジケーターがあり、バッテリー残量を一目で確認できます。

・上面

f:id:kinghiphop:20190705152127j:plain

スマホ取り付け部の上部にも1/4ネジがありライトやマイクを取り付けるのに

便利な仕様となっています。

・全体

f:id:kinghiphop:20190705152052j:plain

ジンバル本体にスマホや三脚を取り付けた写真です。

 

開封&同梱品

パッケージはこんな感じシンプルですね。

f:id:kinghiphop:20190705152021j:plain

箱を開けると専用ケースが入っていて、ケースを開けるとこんな感じ。

f:id:kinghiphop:20190705152030j:plain

ジンバル本体とミニ三脚・充電用のmicroUSBが入っています。

日本語マニュアルや英語マニュアルもついています。

f:id:kinghiphop:20190705152035j:plain

ジンバル本体

f:id:kinghiphop:20190705152039j:plain

ミニ三脚

f:id:kinghiphop:20190705152047j:plain

microUSBケーブル

 

アプリ

iSteady Mobile Plusには専用のアプリがあります。

https://www.hohem-tech.com/wp-content/uploads/2019/04/17-1.png

Hohem Gimbal | HOHEM

 

もちろんiOS,Android共に対応しています。

専用アプリを使うことにより、ジンバル本体とスマートフォン

Bluetoothで接続し、ジンバルからスマホカメラアプリの操作をすることができます。

そのほか、アプリで出来ることは以下の通りです。

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0232/8182/7918/files/5_2048x2048.png?v=1559652743

スローモーション撮影やタイムラプス・トラッキング機能など

様々な機能を使うことができます。

 

最後に

1万円で、これだけの機能を持つスマホ用ジンバルが買えるというのは

本当に驚きですね。

アプリもシンプルで非常に使いやすい印象を受けました。

アクションカム用のジンバルも発売しているみたいで、

今後もHohemから目が離せませんね。

  

公式サイト

www.hohem-tech.com