MONO GEEK

カメラやスマホなどなどガジェット大好きブログです。

超軽量スマホ用ジンバル!FeiyuTech Vlog Pocketの紹介【後編】

どーもどーも。

f:id:kinghiphop:20190904060052j:plain

先日FeiyuTech VlogPocketの紹介をしました。

今回はその続きを紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

前回の記事はこちら

www.mono-geek.com

専用アプリ【Feiyu ON】

https://lh3.googleusercontent.com/HkRdKORRykMoPY9A8w0FmsatwTHin72ZI5GVfjdUdmBGrGua7xZRk8i2q5lDdZ6HooA4=s180-rw

Vlog Pocketには専用のアプリがあります。

そちらを使用すればさまざまな撮影モードを使用する事が出来ます。

まずはダウンロード&インストールしてください。

iOSAndroidともに使用できますので下記からどうぞ。

 

iOSバージョン

https://apps.apple.com/jp/app/feiyu-on/id1170606381

 

Androidバージョン

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.feiyutech.gimbalCamera&hl=ja

 

僕はiPhoneを使用していますので、以下からはiOS用での説明になります。

 

Feiyu ONをインストール後、起動するとまずはメールアドレスを入力する画面になります。

自分のメールアドレスを入力して【Regist and login】のボタンを押すとアプリを使用できるようになります。

f:id:kinghiphop:20190926020755p:plain

 

【"Feiyu ON"がBluetoothの使用を求めています】と表示されるので、問題なければ【OK】を押します。

f:id:kinghiphop:20190926020312p:plain

 

ディスカバリー装置と書かれた画面が表示されますので、VlogPocketにスマホを取付け、ジンバルの電源をONにします。そうすると自動でペアリングされます。

f:id:kinghiphop:20190926020322p:plain

これで様々な撮影モードを使用できるようになります。

その中で気になった機能を紹介したいと思います。

 

ウルトラワイドアングル撮影

Vlog Pocketには、ウルトラワイドアングル撮影というモードがあります。

名前の通り超広角で写真を撮影してくれます。

Vlog Pocketが自動で動きながら合計9枚の写真を撮影し、自動で合成してくれるモードです。

アプリ画面を参考にして使用方法を説明します。

まず写真モードにします。

f:id:kinghiphop:20190926022448j:plain

 

次に撮影モード選択をタップします。

f:id:kinghiphop:20190926022454j:plain

さらにメニューが開き、その中に【Ultra-wide angle】があるので選択します。

f:id:kinghiphop:20190926022501j:plain

これで設定は完了です。

撮影を開始すればジンバルが動き自動でシャッターを切ってくれます。

撮影終了後、合成が開始され数秒待てば広角撮影された写真が完成します。

 

試しに一枚撮影してみましたので、ご覧ください。

スマホはiPhoneXを載せて撮影しています。

↓通常の撮影

f:id:kinghiphop:20190926020233j:plain

↓ウルトラワイドアングル撮影

f:id:kinghiphop:20190926020303j:plain

一目瞭然です。しかもこれ、ジンバルを三脚で立てずに手持ちで撮影しています。

この機能はなかなか便利ですよね。

 

モーションタイムラプス

こちらは知ってる方も多いと思いますが、任意の位置に動かしながらタイムラプス撮影を行ってくれるモードです。

簡単にですが、使い方を紹介したいと思います。

 

まずは動画モードにします。

f:id:kinghiphop:20190926020329j:plain

 

次にその下の撮影モードをタップします。

f:id:kinghiphop:20190926020343j:plain

 

さらにメニューが開き、その中に【Motion Timelapse】があるので選択します。

f:id:kinghiphop:20190926020336j:plain

 

 

モーション開始位置の設定画面になるので、任意の位置にアームを手で動かし+をタップします。シャッター音が鳴り、この枠内にその位置が記録されます。

f:id:kinghiphop:20190926025811j:plain

再びアームを手で動かし、2点目以降(2点でも可)を設定します。(最大6点)

f:id:kinghiphop:20190926025816j:plain

位置の設定が完了したら次ステップを押します。

f:id:kinghiphop:20190926025823j:plain

 

撮影間隔を設定し、何分間の撮影を行うかを設定します。

(この画面の場合は0.5秒間隔で1分間の撮影。4秒のタイムラプス動画が出来ます。)

設定が終われば開始を押します。

f:id:kinghiphop:20190926025831j:plain

撮影を開始すれば後はジンバルとアプリが自動で撮影してくれます。

 

試しに近所の海に向かって撮影してきました。(雑ですいません)

設定や撮影場所を選べばしっかりとしたものが撮れそうですね。

 

最後に

これだけ軽量でコンパクトなジンバルなのにしっかり撮影ができました。

スマホの中ではかなりの重量のあるiPhone 11 Pro Maxも搭載できたので、

ほとんどのスマホを載せることが出来ると思います。

また、iPhone11 Pro Maxの超広角カメラを使用しても、

ジンバルのアームが映り込むようなことはありませんでした。

ただし、現時点ではFeiyu ONアプリで超広角や望遠カメラを起動できないようです。

こちらはアプリのバージョンアップなどで何とかなりそうな気もするので、気長に待ちましょう。

 

しかしまあ、このジンバルが約12000円ほどで買えるのは、本当にすごい時代ですね!

またVlog Pocketについて何か気付いたことがあれば紹介したいと思います。

 

ちなみにFeiyuTechさんはVlogPocket以外にも一眼用やGoPro用などのジンバルを販売されています。

下記に公式HPや公式代理店へのリンクを載せておきますので、興味がある方はご覧ください。

FeiyuTech Japan 公式サイト

FeiyuTech 日本公式代理店 - Vlog Pocket Black

 

ではでは。