MONO GEEK

カメラやスマホなどなどガジェット大好きブログです。

GoPro Hero7シリーズ発表!Hero6/Hero5/Heroとの比較も

どーもどーも。

先日、GoPro Hero 7のリーク情報を紹介しましたが、

ついに新しいGoPro Heroシリーズが発表されましたね。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kinghiphop/20180911/20180911140621.jpg

名前は

・GoPro HERO7 Black

・GoPro HERO7 Silver

・GoPro HERO7 White

とリーク情報通りとなったようです。

日本国内の発売日は9月27日(木)です。

それでは詳細スペックなどの紹介をしたいと思います。

旧モデルとの比較もしますので、ご覧ください。

 

公式動画

youtu.be

youtu.be

 

3種のラインナップ

GoPro HERO7 Black

まずはHEROシリーズのハイエンドモデルとなるBlack

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kinghiphop/20180911/20180911132622.jpg

HERO6 Blackをベースに手振れ補正をより強力にし、新機能の追加やチップなど最適化を行い内部を大きく磨き上げたモデルとなっています。

GoPro HERO7 Silver

HEROシリーズのエントリーモデルとなるSilver

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kinghiphop/20180911/20180911132635.jpg

こちらはボディー形状を変更したHERO5と言ったところでしょうか

前面モニターや脱着式レンズ,脱着式バッテリーを無くし、コストカットに繋げていると思われます。

 

GoPro HERO7 White

HEROシリーズのローエンドモデルとなるWhite

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kinghiphop/20180911/20180911132837.jpg

ボディはHERO7 Silverと共通で、HERO(無印)の後継モデルといった感じです。

白色がなかなか新鮮でカッコイイですね!

 

各モデル比較

HERO7シリーズ同士の比較

  HERO7 Black HERO7 Silver HERO7 White
ビデオ 4K 60 4K 30 1080p 60
写真 1200万画素 1000万画素 1000万画素
防水性能 10m 10m 10m
スーパーフォト × ×
HDR撮影 非対応
タイムラプス撮影
ライブ配信 × ×
スローモーション 8倍 2倍 2倍
音声起動 × ×
音声操作
タッチ操作
ブレ補正 HyperSmooth 標準補正 標準補正
タッチズーム
Protune撮影 × ×
GP1チップ 搭載 非搭載 非搭載
Wi-Fi&BT
GPS ×
バッテリー交換 × ×
レンズ交換 × ×
マイク入力 アダプタにて対応 × ×
前面モニター × ×
寸法 62.3×44.9×33 62.3x44.9x28.3 62.3x44.9x28.3
重さ 116g 94.4g 92.4g
税込み価格
(amazon)
¥43,781 ¥38,800 ¥26,600

HERO7 BlackとHERO6 Black比較

相違点のみ掲載

  HERO7 Black HERO6 Black
タイムワープ撮影 ×
ライブ配信 ×
ブレ補正 HyperSmooth Advanced
縦向き撮影 ×
GP1チップ 搭載(ブラシュアップ) 搭載
価格 ¥43,781 ¥37,400

 

HERO7 SilverとHERO5 Black比較

相違点のみ掲載

  HERO7 Silver HERO5 Black
 HDR撮影 ×
 タッチズーム ×
縦向き撮影 ×
 レンズ交換 ×
 バッテリー着脱 ×
前面モニター ×
価格 ¥38,800 ¥32,300

 

HERO7 WhiteとHERO(無印)比較

相違点のみ掲載

  HERO7 White HERO
 タッチズーム ×
 レンズ交換 ×
 バッテリー着脱 ×
縦向き撮影 ×
前面モニター ×
価格 ¥26,600 ¥23,900

 

 

最後に

Blackはまさしく正常進化と言う感じですね。

SilverとWhiteはバッテリーの着脱やレンズ交換,前面モニターを省き、コスト削減を目指したみたいですね。

各モデルの棲み分けもはっきりしていてわかりやすくなりました。

価格的にも大きな上昇はなく、買い替えを検討される方も多数いるでしょうね!(あ、自分もです!笑)

実際に使用してみないとわからない部分もありますが、発売を楽しみに待ちたいと思います。

ではでは。

www.mono-geek.com