MONO GEEK

カメラやスマホなどなどガジェット大好きブログです。

【2018年】スマホ用ジンバルおすすめ5選 比較も

最近、値段もお手頃になり注目を集めて来たスマホ用ジンバル

でも種類も増えて来てどれがいいのかわからない

そんな方の為にスペックを比較してみました。

ジンバルって何?

ジンバルはビデオで発生しがちな手ブレを画期的に補正する機械です。最近スマホカメラの中にも「手ブレ補正」等の機能が備わっていますが、ジンバルの場合は細かな振動だけではなく、歩行時の大きなブレをも補正してくれます。
これを用いることで、歩きながらの撮影でも滑らかな映像を撮影する事が出来ます。

おすすめ5選

超有名ドローンメーカーのジンバル [DJI社 OSMO MOBILE2]

f:id:kinghiphop:20180727225501j:plain

言わずと知れたOSMO MOBILEの後継機で、ドローンなどで超有名なDJIから発売されています。

ズーム・フォーカス操作可 多機能ジンバル[Zhiyun社 Smooth4]

f:id:kinghiphop:20180727225656j:plain

価格破壊によって初代OSMO MOBILEキラーと呼ばれたSmoothQの後継機で、他のジンバルに比べてボタンなどが多く、色々な操作を行うことができる、高機能ジンバルです。

自撮り棒機能付き 伸びるジンバル[Feiyu社 Vimble2]

f:id:kinghiphop:20180727224923j:plain

 自撮り棒としての価値も持たせ、自撮りや他では撮りづらいアングルからの撮影も可能にしたジンバルです。

 

驚異の対荷重 力持ちジンバル[Moza社 Mini-mi]

f:id:kinghiphop:20180727225829j:plain

基本機能はもちろん、ペイロード(対応荷重)も300gと頭一つ抜け、スマホへのワイヤレス給電にまで対応した高機能ジンバルです。

折りたたみ可 持運びに便利[Snoppa社 M1]

f:id:kinghiphop:20180727225250j:plain

デザインからして異端!革命と呼ばざるを得ない、折りたたみを可能にしたコンパクトなジンバルです。

スペック比較表

※表の幅が広いので、右側が切れて表示されている方は、右にスライドすると表が見れます。またお手数ですが横画面にすると幅広く見えます。

他機種に対して優れていると思われる項目は赤色にしています

  DJI
OSMO MOBILE2
Zhiyun
Smooth4
Feiyu
Vimble2
Moza
Mini-mi
Snoppa
M1
本体サイズ 295×113×72mm 328×123×105mm 323x118x110.5mm 290×143×107mm 208x53x43mm
本体重量 485g 547g 429g 543g 450g
ペイロード 202g 210g 210g 300g 非公開
カラーバリエーション 1種類 2種類 3種類 1種類 1種類
Bluetooth ○(ver 4.0) ○(ver不明) ○(ver不明) ○(ver 4.0) ○(ver 4.0)
連続駆動時間 15時間 12時間 10時間 10時間 4時間
バッテリー容量 2600mAh 2000mAh 1300mAh 2100mAh 1050mAh
充電時間 2.5時間 3.5時間 2.0時間 3.5時間 非公開
充電方法 マイクロUSB USB-C マイクロUSB マイクロUSB マイクロUSB
ネジ穴 1/4ネジ×1 1/4ネジ×1 1/4ネジ×1 1/4ネジ×4 1/4ネジ×1
価格(amazon) ¥ 16,750 ¥ 16,000 ¥ 11,178 ¥ 13,000 ¥ 16,980
その他機能 パノラマ撮影 専用ハンドホイール 手持ち部伸縮可 スマホへワイヤレス充電 本体折りたたみ可

まとめ

比較表を見てみると

バランスよくまとめられたDJI OSMO MOBIL2

ちょっとゴツいが操作性抜群のZhiyun Smooth 4

自撮り棒やカラバリ、軽さといった女性にも扱いやすいFeiyu Vimble 2

余裕のペイロードやネジ穴数で拡張性抜群のMoza Mini-mi

折りたたむことで持ち運びやすいSnoppa M1

 

各ジンバルの特徴がよく現れていますね。

参考になりましたでしょうか?

もし指摘や質問等、なにかありましたら気軽にコメントください。

 

ではでは。